日建学院のインテリアコーディネーター講座


facebook_dark.pngfacebook_dark.png

通学講座

専門講師の解説で、効率的な学習を実現

当講座は、試験対策に特化した短期直前講義をトップレベルの講師陣が分野ごとに行います。また、最新情報を基に作成した合格対策テキスト、過去問題を使用して重要ポイントを解説していますので、本試験の出題傾向の把握、さらには理解度アップで効率的な学習ができます。

130,000円+税 ecalbt011_005.png

専門講師の解説で、効率的な学習を実現

当講座は、トップレベルの講師陣が最新情報を盛り込んだ合格対策テキストを使用しポイント解説を行います。プレゼンテーション講義では、インテリア平面図、室内パースなどの書き方を実際の映像で学習する事により合格する作図法が身に付き、また、論文をの試験対策講義では、実際の論文を見ながら点数がとれる文章構成や読みやすい書き方等、合格に重点をおいた講義を行います。

70,000円+税 ecalbt011_005.png


Web講座

専門講師の解説で、効率的な学習を実現

当講座は、試験対策に特化した短期直前講義をトップレベルの講師陣が分野ごとに行います。また、最新情報を基に作成した合格対策テキスト、過去問題を使用して重要ポイントを解説していますので、本試験の出題傾向の把握、さらには理解度アップで効率的な学習ができます。

130,000円+税 ecalbt011_005.png

専門講師の解説で、効率的な学習を実現

当講座は、トップレベルの講師陣が最新情報を盛り込んだ合格対策テキストを使用しポイント解説を行います。プレゼンテーション講義では、インテリア平面図、室内パースなどの書き方を実際の映像で学習する事により合格する作図法が身に付き、また、論文をの試験対策講義では、実際の論文を見ながら点数がとれる文章構成や読みやすい書き方等、合格に重点をおいた講義を行います。

70,000円+税 ecalbt011_005.png

学科試験を勉強しながら実務知識を身に付ける!

当年度に一次・二次試験ストレート合格を目指す方、早期に実務知識を身に付けたい方向けのストレート合格講座です。インテリアコーディネーター試験には「一次試験(学科試験)」と「二次試験(実技試験)」があります。「二次試験」は、論文試験とプレゼンテーション試験となり、一次試験で学んだ学科試験の知識が重要になります。日建学院では一次で学ぶ知識と並行して、二次試験の実務知識を身に付け、早期での実技習得を狙います。

180,000円+税 ecalbt011_005.png


資格・試験ガイド

インテリアコーディネーターについて

licenseimg.jpgインテリアコーディネーターとは、住まいに関する商品選択やインテリアの作成等について、インテリアに関する専門知識を基に提案します。家具、照明器具、カーテン、キッチン、サニタリー等のインテリア関連商品に関する専門知識を基にお客様の要望に応えるためのアドバイスを行います。
特に 20代~30代の女性に人気が高い資格といわれています。資格は公益社団法人インテリア産業協会が認定する民間資格で、毎年1万人以上が受験している人気資格で、有資格者は女性が約8割を占めています。

インテリアショップ、ショールーム、リフォーム会社、百貨店、専門店等、お客様の住まいに関連した商品などを提案する様々な場面で活躍が可能です。
したがって、資格を取得した後でも働く環境によっては、商品知識などを学ぶ必要があり、そうする事によりさらに活躍の場を広げる事も可能になります。

インテリアコーディネーターの魅力

■魅力1 受験しやすい資格です!
受験資格(年齢制限や実務経験等)は特にないため、インテリア業界以外の方の受検者も多いと言われています。

■魅力2 女性に人気が高い!
受検者の74.4%が女性です(平成25年度)。

■魅力3 合格者は若い世代が多いものの、最年長は73歳!
7割%以上が39歳以下の若い世代が多数を占める傾向がありますが、合格者の最年少合格者は15歳、最年長合格者は73歳といった幅広い年齢の方が受験し合格をされています。

■魅力4 様々な業種の方が受験されています
業種別でみますと、住宅・インテリア業界の業種で全体の約6割を占めるものの、その他の業種からの受験は約4割ですので、専門知識がある方だけが受験されているわけではありません。インテリアの知識がなくてもしっかりと効率のよい学習をすれば、必ず合格ができる資格です。

住宅・建設・内装関連が36.5%、
インテリア関連業種(ファブリック、家具、 壁装・建築材料、インテリア総合)が22.8%
その他(学生・主婦・他業種等)40.7%
(データ:平成25年度 公益社団法人インテリア産業協会)